ギャンブルイメージ

近年話題のオンラインカジノで人気の高いゲームの一部を紹介

オンラインカジノの主流ポーカーについて解説

サイコロ

オンラインカジノはカジノゲームをオンラインで遊ぶゲームです。換金もオンライン決済サービスで行います。その中でも代表的なゲームの1つ、ポーカー。皆さんにとってポーカーゲームは馴染み深いのでは。しかし、オンラインカジノのカジノゲームで主流になっているポーカーはルールが少し違うのです。

まずはオンラインカジノのポーカーの主流になっているカジノゲームの全体像から説明します。
全員共通のカード5枚があり、参加者それぞれに2枚ずつのカードが配られます。その中から5枚選び役を作ります。全員共通のカード5枚で勝負しても構いません。

2枚のカードを配る前に1枚表向きにカードを配っていき、一番役の強いカードになった人が、ボタンと呼ばれる最後にアクション出来るポジションになります。ボタン決めの時だけ、クラブ、ダイヤ、ハート、スペードと強くなっていきます。数字が同じ時だけ有効です。

そしてゲームスタート、まずは2枚の伏せたカードだけが配られます。この状態をプリフロップと言い、この段階で1回目のベットを行います。それが終わったら、3枚の共通カードが開きます。この状態をフロップと言い、2回目のベットです。そして4枚目の共通カードが開かれるターンが3回目のベット、5枚目の共通カードが開かれるリバーが4回目のベットです。それ以降は新たにカードが追加されることはありませんが、ベットができます。

オンラインカジノの主流ポーカーの用語を解説します

オンラインカジノでも知名度が高いカジノゲームがポーカーです。しかしオンラインカジノの主流のポーカーは、皆さんが知っているポーカーとは少し違います。自分の手持ち2枚と共通のカード5枚の計7枚の中から5枚を選び、その役の強さを競います。今回は、オンラインカジノのポーカーで出てくる用語を解説します。

まずは参加者の立ち位置の用語です。1周目のアクションと2周目以降のアクションではアクションする順番が違いますが、その順番は参加者の立ち位置で決まります。立ち位置は、カジノゲームの一番最初にディーラーが1枚の表向きカードを配り、そのカードの役の強さで決まります。一番役の強い人はボタンと言い、1周目は最後から3番目、2周目以降は一番最後に行動します。ボタンの左隣にいるプレイヤーはスモールブラインドと言い、1周目こそ最後から2番目に行動できますが、2周目以降は一番最初に行動することになります。さらにスモールブラインドの左隣にいるのがビックブラインドと言い、1周目が最後、2周目以降が2番目の行動です。

次は行動の用語です。コールは、前の人と同じ額を賭ける事です。1つも賭けずに次に回すことはチェックと言います。逆に、チップを賭けるのはベットと言います。それにさらに上乗せする事はレイズと言います。さらに上乗せするとリレイズ、さらに上乗せするとリリレイズです。反対に、カジノゲームから降りる事はダウンです。

オンラインカジノの人気ゲームとは

日本でもプレイヤーが多く人気の高いオンラインカジノ。
海外のオンラインカジノなら直接現金に換金する事ができたり、日本のオンラインカジノサイトの場合はギフトカードなどに換えることが可能です。
そんなオンラインカジノは、カジノゲームの種類が非常に多いのが特徴です。
誰もが知っているような有名どころのカジノゲームから、カジノゲームに詳しくないと知らないようなマイナーなゲームまで、多種多様のカジノゲームが揃っています。
そして、そんな豊富に取り揃えられたオンラインカジノのカジノゲームの中でも、やはり人気のあるゲームというものがあります。
まずやはりカジノゲームの王道とも言えるブラックジャックやルーレットは、初心者にも馴染みやすく人気の高いゲームと言えます。
他にもホールデムポーカーやクラップス、プントバンコなどは人気のカジノゲームです。
そして、日本人に何と言っても人気が高いカジノゲームがバカラです。
バカラは世界的にみても人気の高いカジノゲームであり、リアルのカジノと同じくオンラインカジノでもプレイヤーの多いゲームです。
また、オンラインカジノで人気のカジノゲームと言えば、忘れてはいけないのがスロットです。
完全に運であり技術のいらないスロットは、カジノゲームとして人気が高いのです。

新着情報

このページのトップへ